【掌の上のアート】根付に癒しを求めて 

その他

突然ですが、先日うちの奥さんがこういったものをいただいてきました。

猫の帯留め(おびどめ)です。

帯留めとは、女性が帯締め(おびじめ)に通す飾りのことです。

うちの奥さんはピンクの帯締めに白猫の帯留めを通して使っています。

で、もう片方の黒猫を私にくれたのですが、男性が帯留めを使うことはありません。

さて、どうしたものかと悩んでいたところ…。

「じゃあ根付として使えばいいんじゃない?」

とのこと。

ん?ねつけとは何ぞや?

気になったので図書館でこんな本を借りてきました。

「掌の上のアート 根付を楽しむ」

掌の上のアート…。

何だかグッとくるタイトルです。

根付とは、昔の人が印籠や巾着などを帯から下げる際に、紐の先に取り付ける留め具のような工芸品だそうです。

今でいう、ストラップのようなものですね。

根付は江戸時代の男性の趣味と実用性を兼ねたファッションアイテムだったそうで、今でも多くの愛好家がいるほど人気があるそうです。

この本では多くの根付作品の紹介がされています。

猫やうさぎ、カエルなどかわいらしいものから、龍や鷹、虎などの迫力のある作品。

はては妖怪がモチーフのユニークな作品などもあり、見ているだけで飽きません。

根付は使いやすさを考えてどれも丸みを帯びたデザインになっているのですが、そのためかどこか愛嬌があるんですよね。なんだか見ているだけで癒されます。

特に印象に残ったのは、根付はあらゆるアングルから見られるため、全方位に彫刻が施されているという点です。

そう、根付は常に吊るされているため、他の美術品とは異なり重力に縛られていないのです。

つまり、自由!

この解説を読んで、私は根付がとても気に入りました!

あと、この本で根付専門の美術館の紹介がされており、そんな美術館があることを初めて知ったので、とても驚きました。

京都 清宗根付館
「京都 清宗根付館」は根付に関する専門美術館です。 江戸時代後期に建てられた京都市 指定有形文化財の武家屋敷「旧神先家住宅」の中で日本の伝統美『根付』を心ゆくまでご鑑賞下さい。

一度行ってみたいものです。

いずれ本物の根付も手に入れてみたいのですが、まずはこの子を上手く使ってみたいと思います!

とりあえず、自宅にあった紐を通してみました!

そして…。

はいみんな大好きウォークマンですよ!

うちの奥さんからも「可愛い!」と、太鼓判をいただきました。

他にもいい使い方がないか試してみたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました