【ようこそ、ふんどし沼へ!】レビュー 麻のふんどしを買ってみた!

レビュー

初めてふんどしを購入してしばらく経った頃…。

「いやーふんどしっていいなー。こんな素晴らしい下着がこの世にあったとは…。」

「せっかくだからもっと他のふんどしも試してみたいな~。」

「お、これなんかよさそうだな!早速買ったろ!ぽちっとな!」

この時の私は、まだ知らなかった…。

これが、底の見えないふんどし沼の始まりだったとは…!

ふんどし二本目

…いやね、分かってはいたんです。

最低でももう一本のふんどしが必要だということは!

しばらくの間、ふんどしとパンツをローテーションして着用していたのですが、なんか、パンツ履いてると落ち着かなくなってきてしまって、困りました。

だって、ふんどしのほうが落ち着くんですよ!しょうがないじゃないですか!

というわけで、新たにふんどしを購入してしまいました!

今回購入したふんどしは、麻のふんどしです!

メルカリで2100円で購入しました。

商品の説明によると…

「麻(リネン)は、空気を多く含み、余分な湿気を蒸散するため、調温性、調湿性などに優れています。 

一年中快適に着ることができます。

また、抗菌.制菌性もあるので下着にぴったりの素材です。」

https://jp.mercari.com/item/m13051401893

とあります。

もう少しじっくりと、このふんどしを見てみましょう。

摘まむ妻(ありがとう!)

まず、実物を見て感じたのは、これはただの布切れではないということです。

布が透けておらず、ある程度の厚みがあります。

以前、木綿のふんどしを一目見て感じた、あの頼りなさは微塵も感じません。

実際に手で触れてみると、しっかりとした厚みを感じることができ、木綿とはまた違った肌触りがします。

これは、試さずにはいられない…!

しかも、以前購入した木綿のふんどしの三倍以上のお値段です。

そりゃあ期待もしますよ!

果たして、その履き心地はいかに!

履いてみた!

この麻のふんどしを履いてみた感想は、

上質。

この一言に尽きます。

木綿のふんどしと比べると、厚みがある分、履いた際の安心感・付け心地が全く違います。

にもかかわらず、木綿同様に、下手したらそれ以上に蒸れないのです!

それどころか、心なしかひんやりとするんですよ!

上質な素材を、丁寧でこだわりぬいた製法で仕上げると、このような素晴らしい商品が産まれるということを実感しました。

私は、あまりブランド物の服には詳しくないのですが、ハイブランドの下着ってこんな感じなのでしょうか。

あと、写真では中々伝わりにくいと思うのですが、色がいいんですよ!

手作業で染めた自然な風合いが、見た目にも落ち着いた印象を与えてくれます。

今まで何度か洗濯して、色落ちしているのですが、それがまたいい!

今では、かけがえのない、お気に入りの一着になりました。

もしかしたら、後日、同じふんどしをまとめ買いするかもしれません。

完全に沼ってますね…。

次回…。

軽い気持ちで購入した新たなふんどしに、飯綱は翻弄されることになる…。

まだまだふんどし沼は深い…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました